cyakumi1


cyakumi2


cyakumi4


cyakumi5


「何屋」なのかを正しく伝える

なぜか、人や企業は自身の魅力がだんだんわからなくなってしまう傾向にあるようです。
もっと売れるようにしたい、ブランド力や認知度を上げたい、と相談されることが多いのですが、
そこでいつも見受けられるのは、「正しい自己紹介」ができていないことです。

CYAKUMI SANDWICH FACTORYさんから店舗ビジュアルのリニューアルのお話を頂いた際にも同様で、
店頭の情報が錯綜しすぎて、何が売りなのかわからない状況でした。
(じつは、案外陥りやすく、企業や店舗が成熟し業務も取り扱い品目も増えると、「あれ?私たち何屋だっけ?」となってしまいがちです。)

そこで、当たり前なのですが、まず「サンドイッチ屋」ということを伝えるのと、
さらにCYAKUMIらしくあるために「こだわりの素材と手作りパンの、自然派サンドイッチ屋」という大義を(勝手に)掲げ、
以下の3つのことを行いました。

①サンドイッチを撮影しました(ありのままに、自然派を意識しておいしそうに)
②商品がそのまま見える冷蔵ショーケースの設置をお勧めしました
③トーン&マナーを整えました(サンドイッチらしい色使いや手書き文字を取り入れ、手作り&自然派というのを伝えられるように)

これだけの作業を行うだけで、著しく通行人の視線が変わりました。
お店が正しく自己紹介できると、周りの人はそのお店との「関わり方」を考えてくれるようになります。


[CYAKUMI SANDWICH FACTORY] photo=Toshihiko Sato (ARTERNA PHOTO)

zabon

目指すターゲットに向けて「翻訳」したデザイン

伝統の製法で作られ、地元の方々に長年親しまれてきた別府銘菓「ざぼん漬」のパッケージを、今までとは違う世代に向けリニューアルしました。
既存のパッケージから使われている手書きの「ざぼん」という文字は残し、「ざぼんちゃん」と名付けられたキャラクターをメインに据えたデザイン。 商品の中身がしっかり見えるようにラベルは上部に配置し、文字と絵の「アイキャッチ」と「中身」が見える二重の構造で、見慣れない、聞き慣れない商品に対し、まず目を引かせるということに徹しました。
馴染みのない「ざぼん漬」という商品をターゲットに伝えるため、「ざぼん」→「南国生まれの大きな柑橘類」さらに「菓子」 →「スイーツ」という言葉に「翻訳」し、若い世代にわかりやすく伝えるためのコピーを記載しました。裏面には従来にない新しい食べ方を記載し、そのまま食べるだけでなく、楽しみ方の幅を持たせています。

ちょっと大げさに言ってしまうと、人は口に入れるものに関して、最大限の「警戒」をします。生死がかかってますので。
この食べ物は何でどういうものなのかを絵や言葉できちんと説明することはパッケージデザインとしては最重要なことです。

※これは私のアイデアではありませんが、店頭に並ぶ商品の中に、たまに、ウインクしたものがあります。


[別府銘菓 ざぼん漬 / 南光物産株式会社]

bakery_un

[ベーカリーあん]

midtown_koinobori
おめでたい鯉のぼり
[東京ミッドタウン ミッドパーク ギャラリー ~こいのぼりコレクション~出品作品]

soycafe soy cafe
[豆腐、大豆がコンセプトのカフェ]

designaidおおいたデザイン・エイド2018
[大分市デザイン振興事業]

alesia ALESIA
[総合美容業]

dainan1
dainan2
ダイナン株式会社 CI VI
[リサイクル業]

seinoshika seinoshika2
[歯科医院 CI]

tsubame つばめ舎珈琲店

rent_vi ReNT ReC. VI
[レコード店 VI]

aburayahotel
ABURAYA HOTEL
[展覧会グッズ用ロゴマーク]

irodorioita_b
いろどりOITA
[NHK大分放送局 番組タイトル]

zav_1 zav_2 zav_3 zav_4 zav_5 zav_7 zav_6
ZAV
[コインランドリー]

machinaka_1
machinaka_3
machinaka_4
machinaka_5
まちなかアート遊園地
[大分市美術館主催のアートイベント]

safari_1 safari_3 safari_4
サファリコーヒーロースター
[焙煎コーヒー豆の販売]

gyro_1 gyro_2 gyro_3
株式会社ジャイロ大分
[土地家屋調査士、測量、地盤調査の企業]

crepla
CREATIVE PLATFORM
[大分県の産業創出事業]

saipool_1 saipool_2 saipool_3
SAIPOOL SHARE HAIR SALON
[時間貸しの美容室]

http://www.saipool.com/

asobi_1 asobi_2 asobi_3 asobi_4
あそびずかん
[児童向けアーティスト派遣事業の冊子]
制作:NPO法人 BEPPU PROJECT

kuroidaiya_2 草原の黒いダイヤ応援プロジェクト
[大分県竹田市の畜産農家を応援するプロジェクト]

emerarudo
森のエメラルド
[大分県竹田市のかぼすのブランド]

kenjo
博多献上畳
[畳のブランド]

keen1 keen2 国東半島芸術祭 × keen コラボレーションフットウェア
[カラーリングのみ]

http://www.keenfootwear.com

mushicha_1 mushicha_2 蒸士茶楼
[低温スチーム薬膳レストラン]

megei_4 megei_5 megei_6 megei_3 megei_1 megei_2 文化庁メディア芸術祭 鹿児島展 「境界のあいだ」
[メディアアートの展覧会]

0.1lx 0.1lx
[写真家のプロジェクト]

asobeach1 asobeach2 asobeach4 asobeach5 asobeach6 asobeach3 うみたまご あそびーち
[遊具施設案内リーフレット]
制作:NPO法人BEPPU PROJECT

bivi_1 bivi_2 bivi_3 大分県芸術文化友の会 びび
ロゴタイプ 会報紙
[芸術文化施設の会員組織]
編集・ディレクション:編集室rain

hitoyoshi1 hitoyoshi2 hitoyoshi
[レストラン]

ooioo3 ooioo_2 OOIOO
[ライブのフライヤー]

yukemuribooks1 yukemuribooks2 yukemuribooks3 全国架空書店ブックカバー〈九州・沖縄 / ゆけむり書房〉
制作・販売元:水縞

beppu1 beppu2 beppu3 beppu4 beppu5 beppu6 別府
芹沢高志 著
編集:NPO法人 BEPPU PROJECT / P3 art andenvironment
発行:別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」実行委員会

kunisaki1 kunisaki2 kunisaki3 国東半島アートプロジェクト関連商品
制作:NPO法人 BEPPU PROJECT

sakamoto1 sakamoto2 sakamoto4 酒本歯科医院
設計:伊藤憲吾建築設計事務所
外観写真:有限会社ジェイクス 佐藤二郎

konyoku5 konyoku7 konyoku6 konyoku1 konyoku2 konyoku3 konyoku4
別府現代芸術フェスティバル
混浴温泉世界

yamamura1 yamamura_3 yamamura2 yamamura3 yamamura6 yamamura_b yamamura_a 山村製靴店
KOJI YAMAMURA BESPOKE
リーフレット・カード・ウェブサイトの写真:久保貴史〈ELEMENT〉
[オーダーメイドの靴店]

rent_logo rent2

音楽室肖像画シリーズ / ヴォルフガング・アマデウス

rent3

音楽室肖像画シリーズ / ヨハン・セバスティアン


ReNTReC.
[レコード・CD・書籍などのお店]

tabitecho tabitecho1 tabitecho2 tabitecho6 tabitecho9 tabitecho10 旅手帖 beppu
写真:久保貴史〈ELEMENT〉 安藤幸代
編集:NPO法人 BEPPU PROJECT
発行:NPO法人 BEPPU PROJECT
[大分県別府市のまちあるきガイド本]

heartof1 heartof2 heartof3
HEart of Christmas!
代理店:おおいたインフォメーションハウス株式会社
[アート・音楽・パフォーマンスの複合型イベント]

biotable1 biotable2 biotable3 biotable4
bio table
リーフレット中面のイラスト:安部遥
[野菜のレストラン]